医療訴訟は難しい?

医療とは信頼を置くことが出来るものかどうか今一度患者の立場より真剣に考えておかなければならない時期なのかもしれません。医師に余りにも過大な期待を寄せることにも大きなリスクがあり、医療において事故は起こるものという警戒心を持つことも大事な備えです。

これは医療事故でないかと思えば、整理してメモ、記録を残し記憶以上信憑性の高いものにしてください。
当該の医療事故で問題となる疾患は医師にかかるまでの状況はどうであったのか、治療を受けた期間、診断・治療・予後についての説明内容、医療事故だと判断した時期、そのきっかけ、医師の診療内容の詳細などを明確にして行きます。

更に医師に説明を受ける機会がありますが、 医師と冷静な態度で向きあうということもとても大事なことになります。
信頼している医師に裏切られた思いにより患者さんは医師と向きあい感情が爆発してしまうケースなどが見られます。
医師に危機感をより与えてしまうことで、カルテ改ざん、破棄の必要性に追われてしまうことも考えられることなので、事実をしっかり見つめることに徹する目を持つようにしてください。

そして更には医療訴訟について時効が成立してしまう可能性も懸念しなければなりません。
正しい冷静な判断をするということも大事であり、かつ出来るだけ早く弁護士に相談するよう姿勢を作ってください。
実際には立証が難しい訴訟の一つといわれているので、 弁護士からのアドバイスもとても大事です。
更に時効の問題など細かく追求します。





▼外部リンク
B型肝炎の訴訟について弁護士からアドバイスを貰えるサイトです=> B型肝炎の訴訟